スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手出しとツモ切りの重要性②

みなさんこんばんぱー。

先日天鳳SNSでHAIHUN君がはなまる幼稚園が面白いと言っていたので早速見てみました。

幼稚園の子供達かわいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

ハァハァ

いやこの可愛いは子供を見てかわいいなぁ~^^

はんなりするな~って意味ですよ。

僕はキモヲタかもしれませんが決してロリコンではありません。

せめて小学五年生以上じゃなきゃ付き合えませんから(キリッ

とりあえずはなまる幼稚園はこれからも見ていこうと思います。




さて、前回に引き続き手出しツモ切りを利用した読み的なものを紹介していこうと思います。

今回紹介するのは僕が所属する日本プロ麻雀協会の最高峰リーグであるAリーグであったものです。

確かこれは1年前くらいだったと思うんですが、Aリーガーである鈴木たろうプロが語っていた読みです。


○○1○○○
8○○○①2

(リーチ)

○はツモ切り。あとは手出し。

手牌には安牌がない状況で、ここには放銃したくないという人からリーチがきたとしましょう。

オリを選択しようにも現物がない状況で打牌候補が

33567發(生牌)

さて何が一番通りやすいでしょうか?という話。

5は中筋、發は生牌だけど字牌だし通ってくれ!みたいな感じでしょうかね。


たろうプロが選んだのは7でした。

まぁ結果は3-6だったんですけどまぁそこはどうでもいいんですよ。


パッと見なんで7が通りそうなのかわかりませんよね?

わかる人はここからの解説は読む必要ありませんw


注目すべき点は宣言牌前の2が手出しだったところです。

すでに1を切っているにも関わらず2が手の中に長い間残っていたわけですよ。
なぜ残っているのか考えると、かなりの高確率で手の内に4があったとわかります。(たろうプロは体感9割くらいもってる可能性があるんじゃないかと思っていると語ってました。)

つまり単純にソーズの形が56であることはあまりないんです。ペン7もすでに8を早い段階で切っているので考えにくい。

もし4-7で当たることがあるとすると4456か44456○○の形くらいでしょうかね。

ようはリーチ宣言牌の1つ前の手出し2をどう見るかってことなんです。



言われてみれば確かにすでに1を切ってるのにも関わらず2が残っているのは不自然で手の内に4があるのも想像付きますけど、実践でいきなりこんなリーチがかかってすぐにわかりますかね?

当時の僕はたぶんわからなかったと思います。


では単純に中筋の5はどうなの?

これもかなりの確率で通りそうですよね。

ただ246のリャンカンからイーシャンテンの段階でカン5に決ているということは仮に放銃した場合に打点がある程度高い可能性があります。

弱い形のリャンカンをもっと弱いカンチャンに決めるにはある程度の判断材料が必要です。

場の状況を見て5が良いと思った場合もありますが、基本的には手役が見えるからという理由が多いです。

つまり456の三色が見えていたりイーペーコーの形になっていたりです。


よって5の危険度もそれほど高くはないが万が一放銃になった場合打点が高い可能性が高いのです。



ようは7も5も危険度的にはそこまで差はないけど打ったときの打点は5の方が高いことが多いっぽいってこと。


もちろん上記のように4456、44456○○の形や12256にツモ3、空切りなどのケースもありますが、結構レアケースな気がしますよね。

こんなことを打ちながら考えられているかいないかってのは、かなりの差があると思います。

所謂『引き出しの多さ』ってやつ。

僕はこの話を聞いたときかなりショックでした。
自分の麻雀における読みの能力の低さっていうか勉強できてなさすぎるっていうかなんというか。


言われて初めてわかったってのは言われなかったら一生理解できてないのと一緒なんですよねー。

これを実践で常に見ながら考えながらやってないと頂点にはたどり着けないのかと実感させられました。


これ読んでなるほどねって思ったみなさんも少しで良いんでこういうこと考えて手出しツモ切りを見ていくと雀力があがっていくかもしれませんね。


よく『安牌ないから突っ張ってみたら満貫放銃したけどしょーがなくない?』とか聞きますけど

それはただ単に『自分の読みの精度が低くて通りそうな牌が見つけられなかったから思考の放棄をしました。』って言ってるのと一緒なんですよ。

強い人からしたら通りそうな牌あったかもしれないのに。そう思うとこういう発言って恥ずかしくなってきますよね。


僕はプロになってから優しい先輩や同期、後輩に恵まれて色々なことを教えてもらってこれました。
プロになる前と現在の4年間の間でかなりの能力が上がったと思っています。

このブログではこんな感じで麻雀についての話をいっぱい書いていって読んだ人が少しでも『勉強になった』、『面白かった』と思ってもらえるといいなぁと思ってます。


もちろん僕も打ち手としてまだまだなので色々教えてもらっていきたいと思ってますけどね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>僕はキモヲタかもしれませんが決してロリコンではありません。
せめて小学五年生以上じゃなきゃ付き合えませんから(キリッ

×ロリコンではありません

○ペドフィルではありません


たろうさんの読みはすげーと思います
天鳳東速ではここまで考えられないけど><

No title

いやはや 勉強になりました なるほどなーしか言えませんが

わかりやすくていいねー

ためになる中級(?)講座これからも期待してます。

No title

ひがりん>でもこれって慣れだと思うんだよね。だから練習繰り返せば自然とどんなスピードでも判断できていくと思うよ。

はいふんくん>なるほどなーと思ってもらえてよかったです。

ななしさん>わかりやすかったですか?それはよかった!なんか自分では読んだ人が理解できるように書けてるかな?っていう不安が常に付きまとってましたw

No title

こういう昨今軽視されがちな、でも確かに論理的な「読み」の話はおもしろいっす。
勉強になりました。

No title

はじめまして、とても勉強になりました。
改めて考えさせる事が多かったです・・・
でも私は小学4年生からでも良いと思うんです!(蹴

No title

いししんさん>そうですねー今は手牌構成についての戦術が注目されてますからね。またこんなのが書けるといいなぁとおもいます!

YGGRさん>小学4年生は犯罪です!またこんなんダラダラと書いていこうとおもうんでよろしくです!

No title

当然解説読みました^^
リャンカンからの切り出しで三色、一盃口の可能性があるため5も実は危険牌というのは解説見る前からわかってましたが7が通りそうっていうのは全然わかりませんでしたw
毎度こういったためになる話期待してます。
最初の数行はだいぶアウトな気も。そういう趣味なら口出しできませんがw

No title

MJでマッチ希望さん>5で打つと高いってのに気がつけるだけでも僕は相当上級者だと思います~。
安牌ねー!って切っちゃいそうですよね。
いや僕はまったくロリコンなんかじゃ(ry

No title

この文章の一部、自分のmixi(友人のみに公開)につかわせてもらっていいでしょうか?

いししんさん>構いませんよ~

No title

通ったのは偶々ですよ。その根拠は全然当てになりません。そのうちその考えで放銃してわかると思うけど。

あららさん>僕は全く意味がないとは思わないんですけどね~。やっぱこういうのを面白いと思う人も思わないもいるってことですかね。

これは安全牌がない時にこーゆーことを考えて通りそうな牌を探しましたと言う話で安全牌があるのに毎回これを押すと言う話ではないので、その辺ご理解していただければと思います。

No title

まあ、言っちゃえばその理論は3sが3枚以上見えてる時に限りそれなりに有効かなと思います。
23356の形からの2切りリーチはありがちかなと。

No title

あー、あと11256からもありがち。

No title

あららさん>1を切っている上での手出し2という設定なので23356のフリテンターツが残っているのは考えられますが、11256はちょっと考えにくいかな~と思います。
それよりもまずこういう意見がもらえることが嬉しいです!本当にありがとうございます!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。